雑草の繁殖力

様々な工事や外構工事を神奈川県で依頼したいならお客様のご要望を最大限にお応え可能なミズケンまでお問い合わせ下さい。

外壁塗装を東京で依頼するならここにしましょう!確かな知識を技術であなたの想像以上の仕事をしてくれますよ!

料理を代行する人

日本に生えている雑草はほとんどが一年草で、春に芽をだし晩秋にその生命を終え枯れていきます。なんと短い一生なのでしょうか。かわいそうになります。と思っているあなた、その枯れてしまった子供たちが春先に地面を見ると芽吹いているのをあなたは見つけるかもしれません。春先に、にょきにょきと芽吹いて大きくなっていく雑草、日増しに暖かくなるにつれその成長度合いが大きくなりいつの間にこんなに大きくなっちゃったのという感じが、しているのは私だけじゃないと思います。なんと草の成長のたくましさよとおもってしまいます。ですがそのままほおっておけば自分の身長以上に大きくなることもたくさんあります。これが自分の子供ならいいのになんて思っている人はいませんか。 このように雑草の命はわずか一年と短いため、その成長もびっくりするほどの繁殖力があります。その草の成長を抑制するために草刈りをするわけです。

雑草は一年草のため成長した後、子孫を残すためやがて花が咲き種を落とします。その落ちた種が翌年芽をだし大きくなっていきます。その繰り返しなんです。だから種が地面に落ちる前に草刈りをすることです。雑草といえども様々な花が咲きます。きれいな花や、これって花なのという花もあります。要はその花が種にならないうちに草刈りをすれば翌年は雑草の芽が出ないということです。臭いものはもとから立たなきゃダメという発想です。翌年には雑草の数はずいぶん少なくなっていることでしょう。 これが草刈りの基本です。まず種が落ちる前に刈ってしまうこと、また草の成長点から低いところから刈ること、これは草の成長点の場所がそれぞれ違いますから一概には言えませんがなるべく地面すれすれの場所から狩ること、これが草刈りをする場合の鉄則になります。